揮発性油について

揮発性油は、植物から蒸留分解によって取り出したなどの植物性揮発精油(テレピン、スパイクラベンダーオイル)と、石油から精製した鉱物性揮発精油(ペトロールなど)があります。乾性油が絵具の顔料と共に乾燥するのに対し、揮発性油は、画面上からほぼ完全に揮発して画面上には残りません。
揮発性油の油彩での使用法は薄め液やワニスを作る際の溶剤、筆を洗う洗浄液、古い絵画の洗浄などの用途で使われます。油絵具に適量を混ぜることで流動性が高くなりますが、描画時の過度の使用は顔料を覆う油が少なくなり、絵具の固着力や耐久力は悪くなります。
揮発速度はテレピン > ペトロール > スパイクラベンダーの順に遅くなり、溶解力はスパイクラベンダー > テレピン > ペトロールの順に弱くなります。