水彩絵具について

水彩絵具は、顔料(ヒグメント)と糊材(アラビアガム)水溶液、保湿剤などを練合せた水溶性の絵具。一般的には、透明水彩絵の具と不透明水彩絵の具ではアラビアゴム(アラビアガム)の含有量が異なります(透明水彩絵の具はアラビアガムの含有量が30%、不透明水彩絵の具では10%程度)。
透明水彩絵の具は下地に描いた鉛筆の線や下に塗られた絵具が透けて見えるので、不透明水彩絵の具より淡く綺麗で繊細な感じが出せます。不透明水彩絵の具は濃いめにべた塗りし、輪郭をはっきりさせる描き方に向いています。

顔料(ヒグメント)

カラーパウダー 透明顔料 #960 スカイブルー 2g
上の画像は、カラーパウダーやカラージェル制作用に市販されている透明顔料です。いわば、「色つきの粉」だといえます。
顔料(ヒグメント)は、水や油に溶けない小さな粒子性の色素。大別すると、「無機顔料(土/鉱物や合成の金属化合物)」と「有機顔料(石油化学合成を主とする)」2つに分けられます。人類は古来から土や天然の鉱物を砕くことで天然の顔料として利用してきましたが、こちらは無機顔料の範疇に入り(日本画の岩絵の具もこの内に入ります)、現在は極めて高価なものになってしまっています。
それに対して、最先端の石油化学合成技術により数多く作り出されている合成顔料は、「有機顔料」であり、種類も量も現在作られる顔料の大半を占めています。

糊材(アラビアゴム)

ウィンザー & ニュートン水彩アラビアゴム
上の画像は、水彩絵具のメディウムとして市販されている水彩アラビアゴムです(使用法については、アラビアゴムを参照)。
糊材(アラビアガム)は、アフリカのスーダン:コードファン地方にのみ生育するアカシア科の植物から淡褐色の球塊として採取される天然樹脂。水彩絵具の色素を定着させる目的で使用されています(食品の乳化剤としても広く使用されています)。
なお、絵の具の原料にはコバルトなど一般的には毒性物質として扱われているものも多く存在し、糊材の腐敗を防ぐために殺菌剤(防腐剤)が添加されている場合もあります。本来であれば、絵の具を溶いたパレットなどは、一般家庭の調理場の流しでは洗浄を避けた方がよいといえるでしょう。
水彩絵の具は、学校教育でよく使用されるサクラやぺんてる絵の具などでもおなじみですが、使用されているのは「不透明絵の具(ガッシュ)」です。透明水彩絵の具には、固形絵の具とチューブ絵の具がありますが、形状の違い以外に、両者には本質的な違いはなく(チューブの水彩絵具を固めたもの/水彩色鉛筆の芯の塊)、個人的な好みで使い分けます。
ただし、大作を描くために大量に絵の具を使用する必要がある場合は、溶けやすいチューブ絵の具が良い、という考え方もあるようです。