コンパス

美大受験では、デザイン系学科の平面構成(色彩構成)課題を制作する際に、コンパスが必要となることがあります。
大学によっては、「円を○○個使用して色彩構成をしなさい」というようにダイレクトに「円」を描くことを求めてくる場合もありますし、自分自身の制作コンセプトによって円を描くことが必要になってくる場合もあります。
いずれにせよ、よほど高度な熟練技術を持たなければ、フリーハンドで正確な円を描画することはできないので、コンパスは揃えておいた方が良いでしょう。
小中学校などで使ったコンパスを代用してもかまいませんが、製図用コンパスには様々な大きさの円をきれいに描くための機能的な工夫がしてあることがほとんどです。自分のコンセプトに沿った自由な造形をするために、多少お金をかけても良いものを揃えておく方がよいでしょう。
なお、映像系感覚テストなど絵画表現タイプの実技試験で「コンパス」が携行用具となっていることがあります。ただし、表現方法によっては全く使う必要がないので、映像系学科受験の場合は特に購入しなくても大丈夫です。