画用紙

美大受験では、ほとんどの場合、デッサンは画用紙(白無地)に描画します。画用紙はいわゆる普通の紙(コピー用紙など)よりも厚く、鉛筆消しゴムに対する耐性が高くなっています。
画用紙は、筆記用具や絵具などで描画する際に、適度に滲むよう加工が施されています。また、水彩絵具等で描画した際に紙が水分を含んでも、通常の紙よりも多少は膨張が押さえられるように工夫されています。
とはいえ、絵具に水分を含ませて描画した場合は、画用紙はやはり膨張してしまいます。このため、美大受験では、作品制作の際に絵具を使用して画用紙に描画する場合は、パネルに画用紙を水張りしたり、厚紙に画用紙を貼り付けた状態で販売されているイラストレーションボード(画用ボード)を使用する等、画用紙自体が持っている膨張を押さえる性質だけに頼らずに、紙の膨張を押さえる更なる工夫をするようになっています。
画用紙は普通の紙よりは厚くなっています。しかし、デッサンなどの制作の際にはイーゼルを使用するのが普通で、描画画面を立てかけることになります。また、卓上で制作をする場合でも、描画をする際などに机から持ち上げて描画する方がやりやすいので、絵具を使用しない場合(紙を水で濡らさないで制作する場合)でも、パネルを使用することが普通です。デッサンの場合は、水張りせずに、画用紙の四隅を画鋲でパネルに留めるだけでも大丈夫です。
画用紙には、表面と裏面があります。ざらざらしている方が表面で、つるつるしている方が裏面になります。スケッチブックなどの場合は両面表という場合もありますが、通常は、裏と表が明確に分かれています。
受験対策の場合は、スケッチブックのような画用紙を製本してある状態のものは使用せず、一枚一枚切り離された状態の画用紙を使用します。画用紙を使用する際は、表面裏面をしっかり識別してから画板に張り付け、描画を行うようにしましょう。
なお、一般的な美大ではデッサンの課題を制作するのには画用紙を使用しますが、中にはケント紙を使用してデッサンさせる大学もあります。ケント紙は通常は「製図用」「工作用」として使用します。美大受験では、絵具の発色が良いので、平面構成などの絵具を利用した描画にケント紙が利用されることもありますが、デッサンに利用される例はあまりありません。よって、通常の受験対策であれば、画用紙での対策で十分です。