絵具皿

大量の絵具を混色して新しい色を作る際には、絵具皿が便利です。価格も安いですし、重ねた状態でコンパクトに保管することもできるものですから、沢山持っておくと良いでしょう。
ちょっとした色の混ぜ合わせ程度であればペーパーパレットで十分ですが、大きな色面を塗るなどする場合には、絵具皿を使って、同じ色を大量に作っておく必要があります。
大きな色面を塗っている途中で混色して作った色がなくなってしまった場合、全く同じトーン/カラーの色を作り直すのは、ほぼ不可能です。ですから、あらかじめ絵具皿で絵具を混ぜ合わせて大量に同じ色を作っておいて、最後までそれを使って済ませるようにしておく必要があります。
ほんのちょっと色彩が異なってしまうだけでも、絵の印象が変わってしまったり、色彩のバランスが崩れてしまってしまうものです。また、入試本番では、制限時間内に制作を終わらせなければならないので、新たに色を作っている時間も取れない可能性が高いでしょう。同じ色を沢山使おうと思うなら、最初から絵具皿で大量に作っておいてしまいましょう。