フィクサチーフ(フィキサチーフ、フキサチーフ)

フィクサチーフは、デッサンなど鉛筆で描画した後に、鉛筆の粉を紙に定着させるためのスプレー式の定着液です。描画後に画面から鉛筆の粉が落ちてしまったり、紙を重ねた時に鉛筆の粉が他の紙に付着してしまうことを防ぐために使用します。
教室で指導をする時は、受験生が制作した作品に講師が直接手を入れ、描き込みを加えて技法を体験してもらいます。指導前にフィクサチーフをかけると、それ以上鉛筆での描画ができなくなってしまいますので、効果的な指導ができません。授業が終了して、その作品の制作終了が伝えられて講師より次の課題内容が提示された後、ご帰宅後にフィクサチーフをかけ、ご自分の作品を保管するようにして下さい。
フィクサチーフは、他のスプレー缶の製品と同様、使用方法に気をつけて使う必要があります。
化学薬品を噴射して紙に吹き付けて、鉛筆の粉を定着させるスプレーがフィクサチーフです。吸い込んだりすると人体に有害になる場合もありますので、フィクサチーフを使用する時は、できるだけ屋外で使用するようにしましょう。もし室内で使用する時はしっかりと換気をした上で使用するように心がけて下さい。使用上の注意などはスプレー缶のどこかに表記されています。