アクリルガッシュ(不透明水彩絵具)

アクリルガッシュは、「不透明水彩絵具」ともいい、乾いた後に後ろの色が透けずに塗り重ねることのできる絵具となっています。基本的な使い方は、小学校などの図工の時間に使う「水彩絵の具」と同じです。
美大受験では、主にデザイン系学科の「色彩構成(平面構成・デザインなど様々な呼称あり)」で使用される画材で、多くの学科を受験する際に専門実技試験で扱うことが必要になってきます。
乾くと耐水性を持ち下の色を溶かさず塗り重ねることができるので、画面にムラが出にくく、ベタ塗りがしやすい特徴を持っています。また比較的乾くのが早いので、短い制作時間内に素早く制作をするのに向いています。
絵具が乾いた後は、艶のないマットな質感となります。艶のある画面は光の反射によって見づらくなることがあるので、デザインのように、色の見え方のバランスが環境によって左右されないことが重要な表現では重宝します。