アナログ写真

アナログ写真とは、主に20世紀に主流だった写真撮影のやり方で、デジタルデータでの画像保存によらない写真の記録手法のことを言います。一般的には「35mmフィルム」に記録をするカメラで撮影する写真のことを指しています。