引き伸ばし機

引き伸ばし機は、アナログフィルムで撮影した写真を紙に「現像」する際に画像の大きさを拡大するために使用される専用の機械です。
アナログ写真は、多くの場合「35mmフィルム」で撮影されます。「35mm」は写真(画像)が記録されるフィルムの大きさを指しているので、随分と小さいサイズに縮小されていることになります。
この小さいサイズのものを、紙に「現像」するときに大きなサイズに拡大するための機械が、「引き伸ばし機」です。デジタル写真の普及と共に、現在ではあまり使われなくなってきています。