フィルムカメラ

フィルムカメラは、1990年代までに主流だったカメラです。デジタルデータで記録するのではなく、「フィルム」というシートに写真を記録し、それを紙に拡大させて現像するやり方を取っていました。
一時期はデジタル撮影の便利さに押されて絶滅寸前といって良いような状態でしたが、少しずつその価値が見直されてきています。デジタル撮影とは一味違う風合いの写真撮影をすることができます。